×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Simple Site

分室へようこそ 番目の訪問の方

分室

 分室は、「自分史」と「利用機関」に分けました。「自分史」の中身は公開していません(というよりまだ完成していません)が その作成過程を整理する目的で作っています。「利用機関」には「真野郷土史」「自分史」両方の作成に利用させてもらっている 機関などの紹介です。
 特に図書館とインターネットは大きな助けになっています。父が「佐久間家の記録」を作った頃はワープロや過去帳のような 道具や情報源しかありませんでした。その頃に比べるとなんと恵まれた環境にいるのか、本気でやれば「真野郷土史」「自分史」は 必ず完成できると自分に言い聞かせています。

父が参考にした資料

 右は父の小学校時代の恩師の自分史と所属していた部隊の戦争記録です。これらを見て我が家の記録を残しておかなければと 思ったに違いありません。幸い、家には3代前のご先祖から、家族の賞状などが多数残っていました。 先日も娘が家中の掃除をしていたおりに、私の小学校・中学校の賞状を見つけて持ってきてくれました。 両親が残しておいてくれたようです。自分史の資料がまた増えました。最近は捨てることが文化のようにいう人がいますが、 捨てたらそれで終わりです。どうせ子供や孫が捨ててしまうだろうと思うのなら、捨てられないような「自分史」を残せばいい。